TIG溶接機専門店

☆お客様事業所を訪問しました。TIG溶接でアルミホイールのクラック補修

2016年3月25日

こんにちは。

先週お客様からWT-TIG200のデモ依頼があり、先日時間が空いた時に訪問させていただきました。
お邪魔したのはこちらのラスティーズ様。
車のチューニングショップで、ジムカーナに参戦されているとの事でした。
ラスティーズ

お願いされたのは、こちらのアルミホイールのクラック補修です。
ホイールのクラック

パックリ割れてます。
TE37 クラック

通常、どうなってもいい端材でさせてもらう事が殆どなのですが、出てきたのはまさかの高級鍛造アルミホイールTE37。
どうなってもいいとはおっしゃられましたが、できれば再利用できるように仕上げたい所です。



それでは下地処理からしていきます。まずはカップブラシで塗装と汚れを落とします。
カップブラシで磨き

アルミは特に電流調整に敏感で、私の腕では電流が強すぎると左手(溶接棒の送り)が間に合わず、弱すぎると中々プールができません。
という訳で、最初に溶け具合を見るため、棒無しでプールの出来具合を確認して電流を微調整します。

棒を入れて本溶接です。

このように溶接できました。
ビードが落ちる部分~リムにかけて段差が付いており、溶接棒をプールに向かって真横から入れられず、ヘタクソですが。。

モリモリですが、ベルトサンダーで削るとこんな感じで溶接自体はできています。
粗目のサンダーからちゃんと削って塗装すれば、補修したのは分からなくなるでしょう。

その後お客様にも試して頂いて帰路につきました。



最近注文がどんどん増えており、忙しくてデモに行けない事も多いのですが、練習すればアルミホイールもきっちり溶接出来る事が分かってよかったです。

余談ですが、私も最近ジムカーナに行くようになりました。
しくじってホイールを割った時は自分で修理する事としましょう。
やらかさないのが一番ですけどね(笑)

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。株式会社WELD TOOL 092-205-2006


Posted by アルミ、ステンレスの溶接に最適なTIG(アルゴン)溶接機 at 16:44 / TIG溶接機,アルミ溶接 ☆お客様事業所を訪問しました。TIG溶接でアルミホイールのクラック補修 はコメントを受け付けていません。

※ショッピングサイトへ移動します。
※ショッピングサイトへ移動します。
フッターバナー2
安価で確かな製品をお届けします

店長あいさつ

FAX用紙はこちら

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます!機械工具商社で8年ほど、エアーツールや油圧機器、溶接機器等を取り扱い、今に至ります。ガス溶接やアーク溶接、TIG溶接の資格も取得しております。”安かろう悪かろう”ではなく、しっかりと”使える”製品をお求めやすい価格にて提供致します。誠心誠意対応しますので宜しくお願い致します。

Weld Tool(ウェルドツール)

最新情報

会社概要

新着情報

過去の記事

ページの上部へ