TIG溶接機専門店

☆100V TIG溶接機 WT-TIG160 ボンベ台製作 角パイプと鉄板を溶接

2015年2月9日

こんにちは。

前回溶接した角パイプに、ボンベを置く為の底板を溶接していきます。


下準備として角パイプを溶接したときにできた段差を、グラインダーで削って平らにしておきます。


手で触っても段差がわからないぐらいまでは削ります。
これをしておかないと、鉄板と角パイプの隙間ができて、TIG溶接でナメ付けできなくなってしまいます。


角パイプの上に鉄板を重ねて仮付けし


溶接していきます。
この時、角パイプは1.5mmに対して、鉄板は厚み3.2mmですので、鉄板に多めにアークを当てるような感覚で進めていきます。

動画はこちら


溶接後の写真を撮り忘れていましたが、ボンベ台の完成です。
これを台車に半自動で溶接して  


全体が完成しました。


ボンベがお辞儀しないよう、追加で補強バーを入れました。


本体とボンベを置いたらこんな感じになります。
図面も無く、合間で作った割には中々いい感じになりました。



気になる点がありましたら、お気軽にご連絡下さい。        株式会社 WELD TOOL 092-205-2006


Posted by アルミ、ステンレスの溶接に最適なTIG(アルゴン)溶接機 at 14:50 / TIG溶接機 コメント&トラックバック(0)

※ショッピングサイトへ移動します。
※ショッピングサイトへ移動します。
フッターバナー2
安価で確かな製品をお届けします

店長あいさつ

FAX用紙はこちら

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます!機械工具商社で8年ほど、エアーツールや油圧機器、溶接機器等を取り扱い、今に至ります。ガス溶接やアーク溶接、TIG溶接の資格も取得しております。”安かろう悪かろう”ではなく、しっかりと”使える”製品をお求めやすい価格にて提供致します。誠心誠意対応しますので宜しくお願い致します。

Weld Tool(ウェルドツール)

最新情報

会社概要

新着情報

過去の記事

ページの上部へ