TIG溶接機専門店

☆TIG溶接機WT-TIG160 ガスレンズの効果

2014年7月30日

TIG溶接ではアルゴンガスで溶接部を大気から遮断し、酸化を防ぎながら溶接しています。

通常タングステンはノズルから5mm程度以上突き出すと、このアルゴンガスでのシールドが効かなくなり、溶接不良が発生してしまいます。

ですが通常のノズルの代わりに、このガスレンズを使用することによって、最大で50mm程度までタングステンを突き出す事が可能となり、
狭い場所や鋭角な所などのノズルが届かない所での溶接に威力を発揮します。

こちらの比較画像をご覧ください。

通常のセラミックノズルです。普通はこんな使い方はしませんが、今回比較のためにタングステンを30mm突き出しています。

ガスレンズです。外観はノズルが一回り太くなったような形状をしています。こちらも突き出し30mmです。

内部はコレットボディが専用品になります。

コレットボディ内部はメッシュ構造となっており、アルゴンガスを整流し、直進性を高めて溶接部に集中して噴射します。

実際に溶接して比較しました。
・溶接条件

       タングステン1.6mm
       溶接電流120A
       アルゴンガス流量8L/min

写真上段が通常のセラミックノズルを使用しています。

通常のノズルでは突き出しが多すぎてシールド効果が殆ど得られず、TIGとは思えないビードになっています。
通常TIG溶接では有り得ないスパッタのような物が溶接中に発生し、周りに付着しています。アークスタートもしずらく、終端付近にはブローホールもできています。

写真下段ではガスレンズを使用しています。

レンズを使用している以外は条件は変えずに溶接しましたが、アークスタートから溶接終了まで、通常の溶接と変わりありませんでした。
しっかりとシールドされており、自然な溶接部です。

狭い場所はもちろん、少ないガス流量でも十分なシールド効果が得られ、複雑な継手や品質が要求される場所にはお勧めです。

ガスレンズはこちらから購入できます。



小さなことでも不明な点がありましたらお気軽に電話もしくはメールにてお問い合わせください。
                                                           
気になる点がありましたら、お気軽にご連絡下さい。        株式会社 WELD TOOL 092-205-2006


Posted by アルミ、ステンレスの溶接に最適なTIG(アルゴン)溶接機 at 14:03 / TIG溶接機 コメント&トラックバック(0)

※ショッピングサイトへ移動します。
※ショッピングサイトへ移動します。
フッターバナー2
安価で確かな製品をお届けします

店長あいさつ

FAX用紙はこちら

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます!機械工具商社で8年ほど、エアーツールや油圧機器、溶接機器等を取り扱い、今に至ります。ガス溶接やアーク溶接、TIG溶接の資格も取得しております。”安かろう悪かろう”ではなく、しっかりと”使える”製品をお求めやすい価格にて提供致します。誠心誠意対応しますので宜しくお願い致します。

Weld Tool(ウェルドツール)

最新情報

会社概要

新着情報

過去の記事

ページの上部へ