TIG溶接機専門店

☆お客様施工写真を頂きました。トラックサイドバンパー(アルミ)の溶接 WT-TIG200

2015年7月23日

こんにちは。
当社のTIG溶接機WT-TIG200をご利用されているお客様より、トラックのバンパー修理写真及びコメントを頂きましたので紹介させて頂きます。

以下、実際にいただいたコメントとなります。
————————————————————————————————————————————————
今回は、大型冷凍車のサイドバンパーが長年の振動でステーごと切れてしまった車両の修理依頼です。

ステー部分の溶接作業を撮影しています。まず(写真1)が機械と職人の写真、(写真2)が車体外面側(ステー自体はアングル形状)溶接風景、ひねり切れていたので少し隙 間がありましたが、うまく盛れています。(写真3)

(写真4)はステー前部。ちょうどボルト穴があって強度が落ちるため、ここから折れてしまったのではないかと思います。なので、一旦この隙間を溶接し、平らに研磨後補強板(アルミt3.0㎜)を被せて溶接しました。(写真5)

(写真6)が完成写真。あとはきれいにバフ掛けして終わりです。この後積み込みがあるそうで、磨きはまたの機会となりました。

これは地肌と溶接部分を見た感じ、アルミでしょうか?
トラックのような大型で元から重量の大きい機械には、原価の高いアルミは殆ど使われていないのではと思っていましたが、意外と使われているのですね。参考になりました。

溶接した上から追加で補強板を溶接されているとの事で、強度もバッチリですね。純正より強そうです。
忙しい中、コメント及び写真を頂きましてありがとうございました。

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。株式会社WELD TOOL 092-205-2006


Posted by アルミ、ステンレスの溶接に最適なTIG(アルゴン)溶接機 at 13:37 / アルミ溶接 コメント&トラックバック(0)

※ショッピングサイトへ移動します。
※ショッピングサイトへ移動します。
フッターバナー2
安価で確かな製品をお届けします

店長あいさつ

FAX用紙はこちら

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます!機械工具商社で8年ほど、エアーツールや油圧機器、溶接機器等を取り扱い、今に至ります。ガス溶接やアーク溶接、TIG溶接の資格も取得しております。”安かろう悪かろう”ではなく、しっかりと”使える”製品をお求めやすい価格にて提供致します。誠心誠意対応しますので宜しくお願い致します。

Weld Tool(ウェルドツール)

最新情報

会社概要

新着情報

過去の記事

ページの上部へ