TIG溶接機専門店

☆タングステン突き出し長さの溶接への影響

2015年12月10日

こんにちは。

今回はタングステンの突き出し長さについてです。

通常こちらの長さは5mm程度に抑える必要があるのですが、これを10mm出して溶接した場合と比較してみましたのでご覧ください。

溶接条件:母材はアルミ、電流140A、純タングステンφ2.4使用

上のビードは普通ですが、下のビードはなんだかブツブツした物が見えますね。
各種条件は全く変える事無く、単純にタングステン突き出しが5mmか10mmかなだけです。

ちょっと分かりやすいようにフラッシュを使って撮影した物がこちら



このように、タングステンの長さをちょっと変えるだけでも仕上がりに影響が出ます。
実は筆者はタングステンは極力伸ばしたい派 なのですが、最近出しすぎて失敗してしまっていた事に気づきました。

TIG溶接は繊細ですね!

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。株式会社WELD TOOL 092-205-2006


Posted by アルミ、ステンレスの溶接に最適なTIG(アルゴン)溶接機 at 14:34 / TIG溶接機,アルゴン溶接機 コメント&トラックバック(0)

※ショッピングサイトへ移動します。
※ショッピングサイトへ移動します。
フッターバナー2
安価で確かな製品をお届けします

店長あいさつ

FAX用紙はこちら

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます!機械工具商社で8年ほど、エアーツールや油圧機器、溶接機器等を取り扱い、今に至ります。ガス溶接やアーク溶接、TIG溶接の資格も取得しております。”安かろう悪かろう”ではなく、しっかりと”使える”製品をお求めやすい価格にて提供致します。誠心誠意対応しますので宜しくお願い致します。

Weld Tool(ウェルドツール)

最新情報

会社概要

新着情報

過去の記事

ページの上部へ