TIG溶接機専門店

☆空調服用作業服の選定、ファン取り付け、完成後の感想

2015年5月12日

こんにちは。

いよいよ空調服プロジェクトも大詰めです(本人は至ってマジメにやってます笑)。
今回は作業服の選定、ファンの取り付け、完成後の感想です。

前回記事はこちら☆暑い夏を乗り切る為に…空調服を自作②

作業服はある程度密閉性を保てる物がいいかな、と考え「半袖ブルゾン(腰の部分が締まる物)」を近くの作業服屋さんで買ってきました。
格安で600円でした。

こちらは前回溶接に失敗したファンガードです。
近くの電気屋で200円ぐらいでした。あれだけ苦労して失敗したのは何だったのか。。

ファンの形状に合わせて作業服に穴を空ける為、あて紙としてダンボールを切り抜きました。

ファンを取り付ける部分に先ほどのダンボールでケガき線を入れ、ハサミで切り取ります。
このままでは薄い夏用の作業服はすぐに破れそうですので、補強としてデニム生地をアイロンでペタペタするやつで貼り付けます。

ファンガードとファンで作業服を挟み込むような形で取り付けました。
作業服を洗うとき、いちいちビスを外してファンを外さないといけないので面倒かも。ここは改良する必要がありそうです。

早速着て試運転しました。
立って作業する分には思ったよりも邪魔にならず、確かに涼しいですが、この作業着は両サイドと肩甲骨のあたりが風通しが良いようにメッシュ構造となっており、風が漏れます。
作業服自体ももう少し気密性があるものにする必要がありそうです。

あと、私自身がおデブすぎて風が通る隙間が無いかも(笑)
という事で体が引き締まっているスポーツマンな社長に試着してもらいました。

おぉ

めっちゃ

膨らんでます。
服のサイズアップ(既に3Lですけど)かダイエットも必要ですね(汗)

中身はこんな感じです。
ファンは60mm径と小さいのもあって、軽いしそんなに邪魔にはなりません。バッテリーはベルトに引っかけれるようにステーを作ろうと思います。



かかった費用ですが

・ファン(12V,60mm)×2…600円(秋月電子通商)
・ファンガード×2…400円(近所の電気屋)
・モバイルバッテリー(12000mAh)…1100円(楽天市場)
・ファンスイッチ(停止、弱、強)…600円(アマゾン)
・5V→12V昇圧ファンケーブル…1700円(アマゾン)
・半袖作業服…600円(近所の作業服屋、格安感謝)

                 合計…5000円

となりました。

ファンスイッチは無くてもケーブル抜き差しでいいかと思いきや、これが無いと起電力の関係でバッテリー保護回路が働いて、ファンが加速する途中でバッテリーの電源が落ち、高速回転に至りません。
弱でアイドリング→惰性で回転してるうちに強で高速回転 といった流れで起電力を抑え、高速回転に至ります。

ホントは他にも80mmファンとか昇圧モジュールとか不要な買い物で追加3000円ぐらい使っていますが、これで夏が少しでも涼しく作業出来たら御の字です。
今では格安で売っているモバイルバッテリーを使えるのと、風量はこっちが強いので結果には満足できました。
但し、手間と使い勝手を考えると、きちんとした正規品を買った方が良いです。
バッテリーの持ちとファンの取り外し、服の再選定なども今後していきたいと思います。

見て下さった方、ここまでお付き合い頂きありがとうございました。



※「空調服」と検索されて来られた方へ
当社は溶接機やプラズマ切断機の販売会社です。海外から直輸入、商社を通さずユーザー様への直販を徹底する事で、保障付きの低価格を実現しております。
各溶接検定資格取得者が在籍しておりますので、機械購入後も初心者に対してはアドバイスできます。
溶接関係の事でご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

                          株式会社WELD TOOL 092-205-2006


Posted by アルミ、ステンレスの溶接に最適なTIG(アルゴン)溶接機 at 17:24 / ものづくり コメント&トラックバック(0)

※ショッピングサイトへ移動します。
※ショッピングサイトへ移動します。
フッターバナー2
安価で確かな製品をお届けします

店長あいさつ

FAX用紙はこちら

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます!機械工具商社で8年ほど、エアーツールや油圧機器、溶接機器等を取り扱い、今に至ります。ガス溶接やアーク溶接、TIG溶接の資格も取得しております。”安かろう悪かろう”ではなく、しっかりと”使える”製品をお求めやすい価格にて提供致します。誠心誠意対応しますので宜しくお願い致します。

Weld Tool(ウェルドツール)

最新情報

会社概要

新着情報

過去の記事

ページの上部へ