TIG溶接機専門店

☆ステンレス板厚み1mmをナメ付け タングステン電極Φ1.0mmを使用

2015年4月27日

こんにちは。

以前タングステンの太さについてを記事にしましたが、薄板の溶接ではタングステンの径がとても重要になってきます。
そこで今回新たにΦ1.0mmのタングステンを取扱い始めました。
小径のタングステンを使うとどのような違いがあるのか、テスト溶接しましたのでご覧ください。

こちらが母材の厚み1mmステンレス板です。

こちらが溶接後、標準で付属するステンレスブラシで磨いた物です。
途中で失敗してプールが途切れてしまっており、ブラシで磨いたのでステンレスの光沢が失われていますが、溶接自体は普通にできました。

動画はこちら



以前Φ1.6mmのタングステンを使用し溶接した事もありますが、Φ1.0mmを使った方がアークスタート性が良く、10A程度の極めて低い電流でも容易に溶接できました。
薄板にはΦ1.0mmのタングステンをどうぞ。
購入はこちら消耗品

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。 

株式会社WELD TOOL 092-205-2006


Posted by アルミ、ステンレスの溶接に最適なTIG(アルゴン)溶接機 at 17:09 / TIG溶接機 コメント&トラックバック(0)

※ショッピングサイトへ移動します。
※ショッピングサイトへ移動します。
フッターバナー2
安価で確かな製品をお届けします

店長あいさつ

FAX用紙はこちら

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます!機械工具商社で8年ほど、エアーツールや油圧機器、溶接機器等を取り扱い、今に至ります。ガス溶接やアーク溶接、TIG溶接の資格も取得しております。”安かろう悪かろう”ではなく、しっかりと”使える”製品をお求めやすい価格にて提供致します。誠心誠意対応しますので宜しくお願い致します。

Weld Tool(ウェルドツール)

最新情報

会社概要

新着情報

過去の記事

ページの上部へ