TIG溶接機専門店

☆厚み1.5mmのアルミを突合せ溶接

2015年5月25日

こんにちは。

厚み1.5mmのアルミアングルを突合せ溶接しました。
アルミの溶接は中々プールが一体化せず、母材が温まった溶接後半は一気に溶けるといった感じで、ちょっとコツがいります。

まずは動画をご覧ください。



溶接前半(板の右半分)はうまく溶接できていなかったため、最後に溶接棒を使って再溶接しました。
棒を入れた溶接と棒を入れないナメ付けでは、プールの形状が違うのが分かるかと思いますので、こちらの写真もご覧ください。

母材はこちらのアルミアングルです。

両端を仮付けして

本溶接しました。
右半分が溶接棒を入れた部分ですが、左のナメ付けと比べてビードが波うっており、肉を盛っています。

厚みが1.5mmもあれば、溶接棒を使わずとも母材同士を溶かして溶融させるナメ付けができますが、アルミは特に割れやすいため、溶接棒を添加した場合と比べて強度は劣ります。

ただくっつけばいいのか、強度がほしいのか、溶接後の仕上げ(研磨など)はするのか…etc といった状況に合わせて、棒を入れるか入れないかご検討下さい。

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。株式会社WELD TOOL 092-205-2006


Posted by アルミ、ステンレスの溶接に最適なTIG(アルゴン)溶接機 at 16:12 / アルミ溶接 コメント&トラックバック(0)

※ショッピングサイトへ移動します。
※ショッピングサイトへ移動します。
フッターバナー2
安価で確かな製品をお届けします

店長あいさつ

FAX用紙はこちら

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます!機械工具商社で8年ほど、エアーツールや油圧機器、溶接機器等を取り扱い、今に至ります。ガス溶接やアーク溶接、TIG溶接の資格も取得しております。”安かろう悪かろう”ではなく、しっかりと”使える”製品をお求めやすい価格にて提供致します。誠心誠意対応しますので宜しくお願い致します。

Weld Tool(ウェルドツール)

最新情報

会社概要

新着情報

過去の記事

ページの上部へ